【有機野菜】八百屋・耕世オフィシャルサイト

【インタビュー動画】 : 食・医療・生き方について

【インタビュー動画】 : 食・医療・生き方について

「食・医療・生き方について」~ 自然栽培30年間の経験から~
(ナチュラル・ハーモニー代表・河名秀郎さんのインタビュー動画等)

動画①無農薬、無肥料で育てた作物の生命力が強いという盲点
〔話し手:河名秀郎さん/聞き手:相武台脳神経外科院長 加藤貴弘氏〕

「体の声を聴く」ときに「食」は欠かせないテーマである。では「食」の本質とはなにか?30年以上に渡って自然栽培を続けてきた食のパイオニアでもあるナチュラル・ハーモニー代表の河名秀郎氏に、全3回に分けてお届けするインタビュー動画の第一回目である。自然栽培に取り組むきっかけとなったのは、「実姉の壮絶な闘病生活と死」であった。



動画②都会で医療に無縁な一生を送る簡単な方法
〔話し手:河名秀郎さん/聞き手:相武台脳神経外科院長 加藤貴弘氏〕

一番困難だと感じたことは「栄養という概念をいかに超えるか?」であった。「栄養」ではなく「生命力」に軸を移していくことこそが、最も大切なことだからである。分析的な栄養学をいかに手放していくかが「食の本質」には欠かせないことである。植物が育っていく際に必要なのは、実は「栄養分」ではなかった・・・という驚愕の真実とは?



動画②生き物が本来ありたい姿とは?
〔話し手:河名秀郎さん/聞き手:相武台脳神経外科院長 加藤貴弘氏〕

「土」とはなんなのか?それは「植物の残骸(死骸)」であり、次の植物が育つためのベッドのようなものである。そして、山にある土と、野原にある土とは、質や性格がまったく異なることがわかった。それゆえ、山の土では野菜を育てるのは適さないのである。野菜には野菜が育つための適切な環境があるのである。人間も同様で、健康的に育つためには、人間に適した食や環境があるのである・・・



動画②「生きている土(1)」

自然の森は、なぜこれほど豊かななのだろうか?虫や鳥たちなど生き物も沢山集まってくる。この「自然本来の生態系」には、私たち人間が忘れ去ってしまった生命のヒントが秘められている。不自然な生き方から、自然で健康的な生き方に立ち返るにはどうすべきだろうか?埼玉県で25年間にわたって農薬や肥料をまったく使わずに自然栽培をしながら普通の農家と変わらない収益をあげている農家がある・・・



動画②「生きている土(2)」

自然堆肥の作り方から、その驚異的な働きまで、自然界の実態を克明に描いたドキュメンタリー映像のつづきである。




URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top